ローバーミニ ドアミラー交換

スポンサーリンク

ドアミラー交換

クラシックミニといえば「フェンダーミラー」のイメージが強いのですが、後期のモデルはフェンダーではなくドアにミラーがついています。(しかも、結構今っぽいデザインのドアミラー^^)

純正のドアミラーはコレ

今どきのドアミラーです。

で、このサイドミラー。

変えただけで、だいぶミニのイメージもかわりますよね。

本当は、本当はね・・

いっそフェンダーミラーにしてしまおうかとも思ったのですが、やっぱりフェンダーにドリルで穴をあける手間(&勇気も)がなかったので、まずはメッキの丸型ドアミラーに換えてみることで、クラシック感を出してみようと。。

(別に古っぽさとかクラシック感に大きなこだわりはありません^^)

早速、ネットで新品を購入。21600円(高い~!!)

スクエアのメッキミラーや、レーシングタイプのものは結構種類も多く(安く)出回っているようなのですが、丸型の(しかもレーシングタイプでない)ものは需要が少ないのか、それとも、そもそも丸型を選ぶ人はフェンダーミラーにしちゃう人が多いのか。。

丸型、メッキドアミラーはあまり種類もないし、売っている店も少ないです。

ともかく、早速純正のドアミラーを取り外します。

ドアミラー付け根の下の切欠きに、小さめのマイナスドライバーを入れて手前に引くと簡単にカバーが外れます。ドアに傷がつかないよう注意が必要なので、皆さんはウエスなどのキズ防止グッズをちゃんと挟みましょう!

そしてボルトが隠れているカバーを外すと、ミラーはたった2本のプラスネジで固定されているだけです。

なので、これをクリクリっとプラスドライバーで外せば簡単にミラーが取れます。

純正ミラーを外すと、今までそっ~と隠れていた部分がけっこう汚かったりして。。

(でも、どこからこんなに泥が入ってくるんだろ~ね)

折角の機会なので、ちゃんとお掃除してから新しいミラーを取り付けます。

そして、そして取り付けもたったネジ2本だけなので、あっという間!

おーー!

だいぶ雰囲気が変わりました ^^

クラシックな感じがイイですね~

<交換前>はこんな感じ

<交換後>はこんな

どうでしょう?

え、違いがよくわからない??

ともかく、ドアミラーの交換はメチャ簡単で、工具の準備と汚れていた部分の掃除を入れても30分もあれば終わっちゃいます^^

で、シートに座ってみた、後方の視界はと言うと・・

こ~んな感じで、まったく期待できません ^^;

もう仕方ないので、ドアミラーは飾り程度と思って使ってみます。(もしくは、元々ないものと思ってもイイかも)

あ、今回ドアミミラーを交換して思ったのは・・、

○すごく簡単にミニの雰囲気を変えられます。

○オシャレになります。

○後ろはあまりよく見えません。

○「ドラーバー1本」で簡単に盗まれちゃう!

○ボルトとかがすぐに錆びちゃいそうなこと。

○ミラーの角度調整をするにはスパナが必要!

特に、最後のやつ。

ミラーの向きはナットを締めなくちゃ固定できないので、手で簡単にクイって向きを調節できないようです(14mmのスパナやレンチがないと調整できないみたい。。)。

ま、でもいっか!

錆びたら僕にはコレがある!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする