ローバーミニ ホイールナット交換

このあいだ、ワケあってローバーミニのホイールを外そうとしたところ、「あれっ? レンチが合わない」。 何回やっても17mmだと小さいし、19mmだと大きすぎる。

マジか・・

当たり前だけど、やっぱりここもインチサイズ。。

調べてみると、ローバーミニのホイールが留まっているナットは「11/16インチ」なんだって。

ま~た工具買ってこなきゃ。。(TT;

ミニのホイールを外そうと思ったのは、ギシギシと異音がする原因を突き止めたかったのと(今回これは判らず)、ついでにブレーキパッドやディスクローターのチェック、さらにグリスアップもしようと思ったから。

ともかく、ホームセンターで買ってきた11/16インチのソケットレンチ(600円弱の出費)でナットを外そうとしたところ、「あれっ?これも入らないの?」。

「なんで~(泣)??」

よくよく見てみると、ナットの山がナメかけてるじゃありませんか。これじゃあ入らないよね^^;

ミニのホイールは4穴なので、ナットは全部で16コ。ホイルナットにレンチをはめてみると、全部が舐めちゃってる訳じゃなさそう。でも4コくらいは、もう使えない感じです。

最初からなのか?それとも、昨年タイヤをスタッドレスに換えた時にタイヤ屋さんにやられちゃったのか。。今回は仕方なく入らないレンチをハンマーで叩きこんで無理やり外しました。

それにしても、ミニの純正ホイール用ナットは特殊ですね。二重構造になっているのか? 内側と外側の間にガタつきのあるものもあります。それに素材が軟らかい感じ。これは合わないレンチ使うと簡単に舐めちゃうよね~。

こんなタイヤ外すだけで、そのたびにイライラするのもイヤだし、いっそ全部換えちゃえってことで、ネットで16コセットのものを購入。国産で17mmとか、安いものも色々売っていたのですが、今回は深い意味はないのですがソケットレンチも買っちゃったし、純正と同じ11/16インチのものを買いました。

4本分ササッと交換して、この通り

見た目じゃよくわからないけど、比べてみると造りがしっかりして堅そう(というか、硬いです)。これで次のタイヤ交換からはスムーズにいけますね!

あ、ローバーミニのホイルナットの締め付けトルクは6kgなのだそう。国産乗用車と同じくらいのトルク(9~12kgf・m)とかでやってしまうとボルトが折れちゃうこともあるそうなので注意です。

トルクレンチ? ← モチロン持ってません^^;

なので、手の感覚で「ピッタリ60N・m ^^」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする